スポンサードリンク



サマーグルメ、夏バテ防止サプリメント、コスメ、日焼け対策、美白とおしゃれ、ダイエットも楽天!

暑中見舞いのマナーって?

出す時期を間違えない

小暑からとか、大暑からとか言われていますが、梅雨が明けていないと「暑中見舞い」という感じではありませんから、
梅雨明けから、立秋(8/8頃)の前日までに出せば間違いないようです。

立秋を過ぎないように気を付けます。
過ぎてからは残暑見舞いとして出せば大丈夫です。


誰に出すの?

出したい人に出す、これにつきると思いますが、
結婚や出産をされた方、引越された方は「結婚報告」「引越報告」「出産報告」を兼ねて出すのもいいでしょう。
ご無沙汰している友人や、お世話になった方に、自分の気持ちで自分の言葉で出すのが一番伝わるのだと思います。


楽しく出しましょう

切手代は高くなりますが、うちわなども暑中見舞いとして出せるようです。(定形外郵便)
絵はがきにしたり、絵手紙にしたり、写真を貼ったりして、見て楽しいものもいいですね。

夏に旅行に行ったなら、旅先からふるさと切手で出すのも素敵です。

基本的な書き方

1. 暑中見舞いの挨拶
あえて「暑中お見舞い申し上げます」と決まり文句を書かず、「暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか」と書いてもOKです。

2. 相手の安否を気遣うことばや無沙汰をわびることば
話題の順番は相手が先で自分はその後。「私は元気ですが、そちらはいかがでしょう」はNGです。

3. 自分の近況など
相手の事を伺ってから「私は元気です」となります。

4. 相手の健康や息災を祈ることば

5. 後付(日付、差出人名など)



以外と知らない「切手を貼る位置」。はがきを横にして使う場合、切手を貼る位置は?
→はがきを横にたおした時に右上にくるように貼ります。
そのまま縦におこすと左上に来る位置です。



スポンサードリンク



サマーグルメ、夏バテ防止サプリメント、コスメ、日焼け対策、美白とおしゃれ、ダイエットも楽天!